スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
とってもデリシューな『ミラベルのタルト』。

皆様ボンジュール!コモン・サ・ヴァ(お元気ですか)?

一昨日急に思い立って焼いた、ミラベルのタルトを一晩置いてから試食しました。
ミラベルって・・・日本でもあるのでしょうか?
見たことないような。

ちなみにこんなの。
梅、プルーン系の果実で、大きさは大体さくらんぼくらい。甘酸っぱい。
photo mirabelle

















パパさんとママさん宅にはミラベルの木があって、大分前に収穫して頂いたのを
ずっと冷凍庫で保管していました。
それを使ってタルトを焼いたってだけの話です、はい。


mirabelle 1

mirabelle 2

















・・・なんかミラベルの実自体が溶けちゃってて、一体何のタルトなんだか。


作り方って程ではないですが、

-市販のPâte briséパット・ブリゼを型に敷き詰め、事前にPrecuitプレキュイ
(間然にではなく、6~7割程度調理)しておく。
-ミラベルの実を洗い、半分に切って中の種を取り除く。
-特に熟れているミラベルは別にして、Confitureコンフィチュール(ジャム)を作る。
-パット・ブリゼにミラベルを渦状に並べ、上からミラベルのジャムを流しいれる。
-上からアーモンドパウダー、砂糖、シナモンパウダーを振りかけ、
200度のオーブンで約1時間程火を通し、最後数分だけグリルにかける。

たった、それだけです♪


ミラベルの甘酸っぱさがお口いっぱいに広がって幸せ度がグーンと急上昇します。
早速マミーとパピーにもおすそ分けに行きましたよ!


ミラベルは、そのまま食べてももちろん美味しいのですが、
ジャムにしたり、あとリキュールやEau-de-vieオー・ド・ヴィ(蒸留酒)などが有名です。


自分でいうのもなんですけど、本当にもぅ~・・・

C'est TROP bon!!!!

(すんごく美味しいんだからっ!!!!)



自画自賛に値するこのミラベルのタルト。

食べたい方もそうでない方も、
今日も貴方のぽちっと一押しでやる気がでまーす。メルシ~♪

人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ


それじゃまたね。

Bisous
スポンサーサイト
【2009/03/07 15:00】 我が家のレシピ。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
我が家のフォンデュ・フロマージュ。

こんばんわ。

今日はとってもいいお天気のジュネーブでした。
この調子でいけば、春ももうすぐそこ・・・と思わせるほど。
でも、結構風があって、じっとしているとまだ寒い・・・

家に戻る頃には、身体も心から冷え冷えし、
そういう日は決まって、フォンデュが食べたくなってしまうのです!

ということで、今日は我が家のチーズフォンデュを紹介しますね。

(スイスの方々が見たら怒られそうですが、
あくまで、うちのフォンデュですから・・・ご理解くださいませ)


はっきりいって、チーズフォンデュって超簡単!
チーズと白ワインを混ぜるだけ。

fondue 1






















Coopのフォンデュ用チーズ、moitier-moitier(モアティエ・モアティエ)を使用。
Gruyèreグリュイエールチーズと、
Vacherin fribougeoisヴァシュラン・フリブージョアが半分ずつ混ざっています。
白ワインは地元ジュネーヴ、Pessyぺシー村産のシャスラー。フルーティーで若干辛口。

ここで、我が家の隠し味。
fondue 2
















小さく切ったベーコン、Boletボレ(きのこ、乾燥したもの)とにんにくのみじん切りです。
普通のプレーンなフォンデュも美味しいのですが、
旦那も私も飽きてしまい・・・、最近はこんな具材を加えることが多いです。


チーズがとろけてます。完成間近です。
fondue 3

















我が家には、いわゆるスイスのどの家庭にも必ずありそうな、
いわゆるCaquelonカクロン(フォンデュ用の陶製の鍋)ではなく
テフロン製の鍋でフォンデュ、してます。お手入れ簡単で助かります。


パンも切ってフォンデュが完成!Bon appétit ボナペティ~♪
fondue 4

fondue 5

















うちの旦那のフォンデュの食べ方。
①パンをフォークに刺す。
②それを白ワインにひたす。
③それからチーズの中でぐるぐる混ぜる。
④食べる。

ちなみに、パピー(旦那のおじいちゃま)も似たようなことします。
白ワインではなく、キルシュで、ですが。

各自、好き~なように、食べます・・・(汗)


また、ご存知だと思いますが、
チーズフォンデュを食べる際、白ワインか紅茶のどちらかをチョイスするのが一般的。
冷たい水や、ジュース類を選ぶと、胃の中にチーズの塊ができて
あとでえらい目に遭います・・・

フォンデュにもいろんな種類があって、
シャンパンフォンデュ、トマトフォンデュなどはまだ未体験です。

日本で言う、『鍋』みたいなものですかね~?

いつもスズメのようにしか食べない旦那が、
フォンデュはもりもり食べてくれるのは不思議です。
いい意味で、ですけど。

寒さに負けず、冬を乗り越えましょう!

あなたの応援が、励みです。メルシ~♪

人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ


それではまたね。

Bisous
【2009/02/19 23:28】 我が家のレシピ。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
キムチを作りました。

Bonsoir!(こんばんわ)

昨日の晩、旦那がいつものように
キムチを作る準備にかかったので、
この度、某Yさんのリクエストにもお答えして、
『我が家の手作りキムチ』をご紹介します。

スイス人がキムチ?って思うかもしれませんが
私は前から韓国料理が好きだったし、
旦那もアジアンフードが大好きなので、
もっぱら可笑しなことでもなく、
ご飯と、ナムルと、韓国のりとキムチがあれば
そうとうご機嫌な私達です、はい。


それでは材料の紹介から。

kimouchi1.jpg
















白菜 1塊り
しょうが 100g
にんにく 20g(3かけ)
白ゴマ 70g
味噌 50g
コチュジャン 50g
桃屋のキムチの素(190g) 1本



作り方です。

-にんにくは半分に切り、中央の芽の部分を取り除きみじん切りする。
-しょうがは皮をむき、すりおろす(繊維質は取り除く)。
kimouchi 2 gingembre






















-白ゴマをすり鉢ですりつぶす。
kimouchi3 sesames

















-上記を全てボールに入れ、更に味噌、コチュジャン、キムチの素を加えて、
均一になるようヘラで混ぜる。
kimouchi4 melange

















-白菜を縦半分に切り、約3センチ幅にザクっと切る。
kimouchi5 chou chinois

















-ボールに少しずつ加えながら既に用意したキムチたれと混ぜ合わせる。
kimouchi6 mix

















-こんな感じになったら、あとはサランラップをして冷蔵庫で保存発酵させる。
kimouchi7.jpg



















あくまでも、『我が家の』のキムチなので、あしからず。
やっぱり、炊き立てのご飯と一緒に食べるのが一番美味しい!
あとは、お冷ご飯でキムチチャーハンをしたり、
キムチラーメンなんかも定番ですかね~

寒い季節にはもってこいの、キムチ。
Yさん、どうぞお試しくださいな~。


それでは。

Bisous

【2009/02/09 22:10】 我が家のレシピ。 | トラックバック(0) | コメント(4) |
カラダほっこり野菜スープ。

Bonjour bonjour!

きょうは冷蔵庫の野菜の整理(いつものことながら)ついでに、
寒いことも手伝って、
カラダを暖める野菜スープを作りました。

野菜スープといえば、
日本に帰省中に妹と一緒に挑戦した『野菜スープダイエット』
どういうわけか、おならが止まらなくて困ったけど・・・(照)
管理栄養士の妹曰く、
『腸内のよくないモノが出てるんだから、いい兆候!』だと。
・・・


別に今日は、ダイエットが目的ではないけれど
できた野菜スープがこちらです。
soupe 1
soupe 2

















レシピってほどのことはありませんが、
大根、人参、玉葱、生姜、ジャガイモ、タケノコ、ベーコン、にんにくを
小口切りし、少量の油を加えた深めの鍋で炒めて、
火がほぼ通ったらブイヨンを加えてコトコト煮込む。
あくを取りつつ、最後にトマトの水煮1缶を加えて
味を調えて出来上がり。
なんと簡単・・・

私は生姜をかなり多めに入れたので、
食べはじめてすぐにカラダが熱くなってきて、汗がでるほど。
(七味唐辛子もいれたから、っていうのもあるけど)

私はこんな、田舎風な素朴なスープが大好きです。
調理することで失われがちなビタミン等やらも
スープとして飲んでしまえば、ばっちり吸収できるそうで!
それに低カロリーでまあ、一石二鳥ではないですか。


それでは、風邪を引かないようにね。

Bisous
【2009/02/03 22:45】 我が家のレシピ。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ガレット・デ・ロワ。
Bonjour!

先週のことですが、旦那とスーパーに買い物に行った時、
店内の一角に山積みになっていた『ガレット・デ・ロワ』を目にしたとたん、
旦那が突如、ガレット・デ・ロワを買う・・・のではなく
これから家に戻って、自分で作る・・・ことを独断で決定。

ちなみに『ガレット・で・ロワ』(La galette des rois)というのは、
まあいわば、アーモンドクリーム入りのパイ、です。
毎年1月になるとあっちこっちでお目見えするおフランスのお菓子です。

続きを読む
【2009/01/21 20:05】 我が家のレシピ。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
キッシュはお好き?
Bonjour bonjour!

ジュネーブは日々寒く、最高温度がマイナス、なんていう日も続いています。
こうなると外出はしたくないな~というのが本音。
買い物は明日することにして、今日はあるものでディナーを作ることに。

・・・って、大抵そんなもんでしょ?

で、今日はキッシュ(Quiche)を作りましたよ。
もっといえば、キッシュを作りつつ、冷蔵庫整理をしました。。。

続きを読む
【2009/01/11 22:48】 我が家のレシピ。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
洋ナシのタルト&バナナキャラメルマフィン。
Bonjour à tous!(みなさんこんにちわ。)

日々時間が有り余る私は、やっぱりキッチンで過ごす時間が圧倒的に多く、
もしくは料理本やら、テレビで「CUISINE.TV」という番組を見ては日々勉強中・・・

昔からテレビでお料理番組を見るのは大好きだったな~♪
特にパティスリーはお気に入りで、小さい頃からよく実家のキッチンで
クッキーやスポンジケーキ、シュークリームなんかも作ったし、
チーズケーキやティラミスなんかもよく作っていたものです。
で、ある日、母上から1ヶ月間お菓子作り禁止令(!)がでて、
(理由が思い出せない・・・)
それはそれは辛い1ヶ月だったことはしっかりと記憶に残っています。


ということで、今日は最近作ったお菓子をご紹介♪♪♪

続きを読む
【2009/01/10 00:33】 我が家のレシピ。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ジュネーブ名物料理。
こんにちわ。

暑くて暑くてたまらないジュネーブからお送りしております。
今日は38度まであがるぞ!なんてホテルでは騒いでましたが、
ジュネーブ州は34.2度まで気温が上がってついにl'alerte rouge 赤警報(?)がでました。
はい、間違いなくCanicule(酷暑・猛暑)の真っ只中です。

・・・ってうちの室外温度計は35.5度までヨユ~で上がってましたけど。
室内だって32度はあるから汗がタラ~リ。
洗濯物がものすごい勢いで乾くのだけは、うれしいけど。


さて、今日はジュネーブの名物料理をご紹介。

続きを読む
【2006/07/21 19:50】 我が家のレシピ。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
マフィンを焼きました。
こんにちわ。

オフの日。
いったい何するかといったら、

掃除でしょ~

洗濯でしょ~

バルコニーの花の水遣りでしょ~

そしてご飯作りでしょ~

・・・と普段とほとんど変わりばえしないのだけれど


続きを読む
【2006/07/13 17:18】 我が家のレシピ。 | トラックバック(0) | コメント(3) |
ズッキーニを使って。
こんにちわ。

先日、おじいちゃんおばあちゃんが畑でとれたCourgette(ズッキーニ)をくれました。

こちら ↓
courgette.jpg

フツーのペンが小さく見える・・・
ちなみに30センチを超える巨大ズッキーニです。


続きを読む
【2006/07/13 15:32】 我が家のレシピ。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。