スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ホテルのシフト、について。

こんにちわ~♪
その後皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?


・・・どれだけ更新していなかったかは聞かないお約束です。


最近も~~ぅ、仕事オンリーな私。・・・ぐったりです。

別に仕事自体に問題はないのですが、
何が辛いって・・・シフト

ちなみに「シフト」というのは、いわゆるプラニング表。
ホテルは24時間営業というビジネススタイルです。
閉まるということが基本的にはありませんので、
毎日そのシフトに従って交代しながら働くワケです。

今働いているパレスでは、
朝番、中番、遅番の他に、Coupure(クピュール)というスプリットシフトがあります。

遅番で夜23時30に終わった翌日、早番(6時半出勤)という程度で
驚いてはいけません。
シフトは前もって張り出されるのですが、いきなり前日に変わるのもショッチュウあります。
いきなり同僚が病気になって休日出勤になることもあります。
週末に働くのも当たり前ですし、オーバータイムワークも頻繁にあります。
週に2日休みが取れるとは全然限りません。


・・・まあ、そういう業界なのだ、と言ってしまえばそこまでですが、
本当に好きでないと、とっても続けられません。本当に。
私ってマゾなのかも、と思うこともあります。


先週の私のシフトは相当ハードでした・・・
スプリットシフトが連日続いて、その日は自分がどのように働くかが分からないのです。

前日夜、仕事が終わって帰る前に、
「明日は、そうねぇ~、とりあえず8時(例えば)に来て。」と上司に言われ、出勤し、
11時頃に「じゃあ今からpause(ポーズ、いわば中休み)で、そうねぇ~・・・
じゃあ、17時に戻ってきて頂戴。」という具合。

それが連日。

歳のせいなのでしょうか、最後の方めまいと吐き気がしました・・・


でもこれで、愚痴ってはいけないよ、私。
だって・・・うちの旦那は、もっともっと働いていますから。
シフト自体がないですから。


とりあえず、
こんなハチャメチャな勤務体型で一日中ほとんど家にいない上に、
家に着くや否やバタンキューモードに突入し、
休みの日は疲労のあまりご機嫌とはいえない状態で、
家事もろくに出来ない私を、
怒らないで見守ってくれている旦那に感謝です。

(まあ、料理は旦那に任せていたほうがいいのは前から分かっていたけれど)


それではまたね。

スポンサーサイト
【2009/11/01 21:33】 ホテルについて。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。