FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ジュネーブ発、時計がらみの犯罪。

皆様こんばんわ。
若干曇り気味のジュネーブの週末です。

皆様、ご存知ですか?
スイス(ってもしかしたらジュネーブだけ?)では、
日曜日のに洗濯機を回したり掃除機をかけるのは禁止!なんですよ。
何故って?
日曜日は『休養・安息の日』。静かに過ごさなければなりませんから・・・
引越しなんて・・・もっての外!警察沙汰になっちゃうかもよ。
ちなみに全てのお店が閉まるので(ほんの一部を除いて)、買い物もなし。
ということで、専業主婦の私も、主婦をしばしお休み・・・


さて、今日はちょっと前の新聞で見かけた記事をご紹介。
(いずれも"20minutes"から引用)

其の一、
Détroussée en prison 刑務所内で金品強奪
ある女性がジュネーブのChamp-Dollonシャン・ドロン刑務所にいる
友達を訪ね、X線の検査中に腕時計を盗まれたことに気がついた。
その後、服役中のグルジア国籍で女性と同じ場所にいた男が
盗みを働いていたことが判明。


ところでこのChamp-Dollonシャン・ドロン刑務所、とっても有名ですね。
何で有名かといったら、まずその収容人数の多さ。
収容可能人数が270人なのに既に500人前後の囚人を抱えてパンク状態。
3人部屋を5人で使っているのだとか。
しまいには昨年末、この刑務所で働く職員がオーバータイムワークなどの
労働環境の悪化を訴えてストライキを決行。
新しい刑務所の建設がつい先月初めに決まったそうですが・・・

また、数年前の新聞の見出しに
「シャン・ドロン刑務所は3つ星ホテル並」なんて出てました。
食事は3種類から選べ、テレビ・シャワーは完備・・・とかなんとか。
出所してもまたあえて犯罪を犯してシャンドロンに戻る囚人もいるのだとか。
"タダ"で寝床&メシ付きだから、とかそんな理由。


・・・ってさぁ、それ、私達の税金で賄われてるんでしょ???
何様のつもり?ったく、アッタマくるなー・・・


気を取り直して、其の二、
3人のフランス人がジュネーブ及びフランス・ヴォアジン*における
押し込み強盗の罪で捕らえられた。ホワイトゴールドの高級時計3本が
ブリーフの中から、また1000ユーロを超える現金が靴下の中から発見された。

*フランス・ヴォアジンというのは、ジュネーブ州を取り囲むように接するフランス地域で、
Ain州やHaute-Savoie州など。

ジュネーブははっきり言って、こういった犯罪は多いと思います。
貧しい人もいるんですよ(私みたいに)、貧しいなりに生きてる人、
逆に、お金があり余っちゃってどうしょうもない、というスーパーリッチな方も。
こんなご時世でさえも。

パピーとマミーのアパートも既に2回、強盗にやられています。
やはり、宝石類を中心に現金等が無くなっていたのだとか。
ジュネーブっていうだけで、格好のターゲットに。

我が家では、例えば小さなことですが、
玄関は常に鍵をかけておくことは当然、ドアの外側をチェック。
以前右上のかどっこに変なマークのようなものを発見。それもえんぴつで薄く。
旦那も私も共働きだった当時、家にいない時間帯=狙い目な時間帯、
の暗号だったのだとか。
しっかり跡形もなく消しゴムで消しました。

また、夕方以降に外出する際は、わざと居間の電気はつけっぱなしで出かけます。
テレビかラジオもつけっぱなし、にします。
「誰かしら家にいるぞ」とカモフラージュする為です。

こんなこと、日本にいる頃は考えもしなかったけれど、
狙われないように手を打つことも、生きていく知恵ですよね。

皆様もくれぐれもご用心!


今日も貴方のぽちっと一押し、お待ちしています。メルシ~♪

人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ


それではまたね。

Bisous
スポンサーサイト
【2009/03/01 22:16】 ジュネーブって。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<久しぶりにお隣のヴォー州へ。 | ホーム | スイス発、「銃」の保管場所について。>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://suisse.blog57.fc2.com/tb.php/124-c62abfa1
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。