スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ジュネーブ発。あまりにヒド過ぎるアパート。

再び皆さんこんばんわ。


まず説明抜きで、どーっすか?コレ?????
Roms-3.jpg
Roms-9.jpg














1万歩譲っても、ゴミだめにしか見えません・・・

どうやら既に空き家だったアパートを
ルーマニア人達が勝手に不法占拠していたのだとか。
彼らは当然のことながら退去させられ、もういません。

きっと別の空き家に不法占拠しているのかもしれません・・・
まったくやりたい放題もいいところ。絶句します。


まあ何が言いたいのかというと、
ジュネーブにはそれはそれはいろんな国からの外国人がいて
それぞれがそれぞれの「やり方」で生きてる、ってことです。

スイスに住む外国人率、現在22パーセント
ジュネーブに住む外国人率は・・・なんと45パーセント。180カ国。


ルーマニアをどうこう言うつもりはないんですよ。
私も外国人のひとり、ですし。

ただ、日々ジュネーブで暮らしながら見聞きしていると、
ルーマン(ルーマニア人達)はかなり毛嫌いされてる、感がありますねぇ。

銀行や郵便局、スーパーマーケットの自動ドアの前に汚い格好をして座り込み
紙コップか帽子のようなものを手に
前を通り過ぎる度に「ボンジュール、マダ~ム、シルヴプレ~」とお金をねだる
「物乞い」を仕事にしている方々が、結構あっちこっちにいますが
大抵ルーマニアを含む東欧の方々なのだとか。
(って直接国籍を聞いたことないけどさ)

忘れられないのが、
場所は忘れたけど車椅子に乗った物乞いのおばちゃん。
いつも通り物乞いしてる・・・と思ったら、

ささっと立ち上がり、
テキパキと車椅子をたたみ始め、
身の回りのものをぱぱっとまとめて足早に去っていく・・・
という驚愕の光景。


一緒にいた旦那はケラケラと笑い出し、
「ほ~ら、今の見たかい?ああいうのが東欧からご一行でジュネーブにやってきては、
足が悪いフリして不法に小金を集めていく。で、お国に戻ったら贅沢三昧ってか?
やってらんね~」

旦那はジュネーブが彼らの「出稼ぎ対象の街」になるのが嫌でたまらないらしい。
(ジュネーブ生まれ、ジュネーブ育ちのジュネーブっ子ですから)

先日の国民投票で、
EU(ヨーロッパ連盟)に加盟したルーマニアとブルガリアとスイス間の
人の往来の自由化の賛成か反対かを問われ、
旦那はためらうことなく「反対」にでっかく×(つまり「選択」)。
スイス国民党の主張である
「大量の低賃金労働者が流入し雇用市場の悪化と社会福祉の質が低下する」
に大賛成だったから。

最終的には賛成票の方が多くて承認されちゃったんですけど、ね。


スイスって、亡命者とか(リッチな外国人も♪)沢山受け入れてる割には
外国人嫌いっていうか・・・

でもそれも、ある意味分からないでもない。
もし仮に横浜市民の半分が外国人だったら・・・?
もう収集しきれないんじゃないのかね。

外国にでてみないと
自分のオリジンって?とか、日本人であること、なぁ~んて考えないでしょ??
私も全くもってそうだったけど。
なのにスイスの方々、とくにジュネーブに住むスイス人の方々は、
自国にいながらすんごく自分のアイデンティティーを守ろうと必死。なんだと思う。

うちの旦那。
さっきも言ったように、ジュネーブ生まれのジュネーブっ子。
でも職場ではなんと、たった一人の「スイス人」ですから。
それって、どうよ?
自分の国で働いているのにいつも自分はマイノリティー(少数派)という現実。


スイスって・・・面白いでしょ???


今日もぽちっとあなたの一押し、お待ちしています。メルシ~♪

人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ


またね。

Bisous
スポンサーサイト
【2009/03/14 22:32】 ジュネーブって。 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<トム・フーブヤー氏の『人生の12の法則』。 | ホーム | ジュネーブ発。14歳の中学生、明日出産。>>
コメント
こんにちは。初めまして。
このアパートすっごいですね、、、

私もスイスに住んでいるのですがこの国って本当に閉鎖的である意味日本に似てるなって思っています。外国人のことも苦手だし。
子供にガン見されるのはドイツに住んでいる時も思いましたがスイスでは大人にもガン見されているような気がします(笑)
【2009/03/16 14:09】 URL | ひまわり #TY.N/4k.[ 編集] | page top↑
ひまわりさん、こんにちわ!
コメントを頂きどうもありがとうございます。

ルツェルンにお住まいなんですね。
一度だけ行ったことがあります、街の感じがとてもチャーミングで
一緒に行った母も大変気に入っていました。

私もよく子供にジー・・・っと見つめられるなあと思ったときがあって、
「やっぱりアジア人だからかなぁ」と思っていました。
あと、そうですね、はっ・・・と気づくと
なんかすんごい見られてた、なんてことはありました。
(特に旦那の家族には。何をチェックしたかったんでしょうか?)
今はもうあまり気にしてませんけどね。

どうぞ今後とも宜しくお願いしますね。

Malvoisie。

【2009/03/16 23:24】 URL | Malvoisie #-[ 編集] | page top↑
スイスには東欧人が夏の観光地にも出稼ぎでホテルや飲食店で働いてますね。現地人だと思ってドイツ語で話そうとすると全然通じなかったり・・・せっかくドイツ語勉強してきたのに。。。とやはり東欧人の流入は多いのですねぇ。。
【2009/03/17 16:49】 URL | スカイクルーザー #-[ 編集] | page top↑
こんばんわ、スカイクルーザーさん。
その後いかがお過ごしでしたか?

今後どんどん東欧人は入ってくると思いますよ。
記事にも書いたような物乞いする東欧人も多い中、
以前ホテルスクールに通っていた時、
とても優秀なブルガリア人やルーマニア人もいました。
とっても努力されていたようです。

スイスが今回ブルガリア人及びルーマニア人の人の自由化に対して
賛成票を入れたのは、
やはり、彼らが最近EU(欧州連合)に属したから、というのが大きいと思います。
フランスやドイツはOKなのに、ブルガリア、ルーマニアは駄目って訳には
いかない・・・のではないでしょうか?分かりませんけど。
またEU圏に属していないスイスが、(それに四方八方取り囲まれている状態で)
EUとうまくやっていかなかったらそれこそ自分の首を絞めるようなものでしょう。

スイスって知れば知るほどに、とっても深い国です。

どうぞ今後ともご愛顧願います~♪

Ciao!
【2009/03/17 22:24】 URL | Malvoisie #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://suisse.blog57.fc2.com/tb.php/144-e34808c7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。