FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
チーズを使った一品。
こんにちわ。

サッカー、日に日に盛り上がってますね。
私も最近は流行に乗って(?)分からないながらもテレビで観てます。

ドイツVSイタリアの試合は延長戦ラスト1分という最後の最後でイタリアがゴールを決めて勝利、こんなことあるのかー!と叫んでしまいました。
それからフランスVSポルトガルも昨日観ました。ジダンのシュートで1-0、フランスが決勝進出。
ジネディーヌ・ジダンはテレビのCMにも出てたりと、こちらではかなり露出が高い気がします。
昨日たまたま見ていたテレビで、『Les stars préferées par les enfants子供が好きなフランス人スターベスト3』の2位に選ばれてました。
(ちなみに3位は歌手のJeniffer、1位はコメディアンのJamel Debbouze)


ジュネーブが国際都市だな~(というより人種の坩堝だな~)と感じるのは、
サッカーの試合でどの国が勝とうと毎晩あちこちで大騒ぎになることからも容易に想像が付きます。
スイスチームが勝ってスイス人が騒ぐのはまあ置いておいて、
フランスチームが勝てばフランス人達が大騒ぎ、
ブラジルチームが勝てばブラジル人達が大騒ぎ、
中でも最も激しく騒ぐのはポルトガル方々
準決勝進出が決まった時の彼らの騒ぎ様ったら、も~~~半端じゃないっっ!
ジュネーブの中心街をフェイスペインティングし旗を掲げ、太鼓を叩いて叫ぶ叫ぶ、ポルトガルご一行様のお通りだ~ぃ、という勢い。
ジュネーブにこんなに沢山ポルトガル人がいたのかい、とその人数にも驚き。
ラテンの血が騒ぐのでしょうか・・・試合に勝ったとたん、ものすごい量のポルトガルナンバーの車たちがクラクションをブーブーブーブーひっきりなしに鳴らしまくりながら、一晩中街を駆け巡るのだ。。。
・・・もう、もーんのすご~い大騒ぎです。
それだけサッカーは国民的スポーツなのでしょうね。


サッカーの話はこのへんで(ってこれ以上膨らませられない・・・)。
今日はスイスのチーズを使った一品のご紹介がメインなもので。

スイスのチーズ消費量はきっと相当高いはずでしょうが、
私もスイスに来て以来かなりチーズを食べるようになりました。
今日はTomme(トム)というチーズを使った簡単な一品をご紹介。


Tomme pané トム・パネ(トムのパン粉焼き・・・とでも言おうか) 
20060707004101.jpg

はっきりいってめちゃくちゃ簡単です。

Tomme(トム)に小麦粉、卵を溶いたもの、そしてパン粉をまぶし、たっぷりめの油を引いたフライパンで軽く両面に焼き目が付くまでゆっくり弱火で焼くだけ。

ちなみにTommeは直径7~8センチ前後、円形のやわらかいチーズでとってもマイルド。カマンベールチーズをもう少し薄くしたような感じです。

今回使ったTommeはこちら↓ Vaudoise、つまりお隣のヴォー州のTommeです。
20060707004126.jpg


あとは、適当にグリーンサラダ(今回はレタス、ルッコラの葉、きゅうりを使用)をお皿に盛り付け、焼き目の付いたTommeを中央に乗せれば完成~。ね、すごく簡単でしょ。

あっつあつのTommeを乗せたところ ↓
20060707004110.jpg


あとはドレッシングをかけて(←お好みで)食べるだけ。
ナイフで切れ目を入れると中からトロ~リ溶けたチーズが流れます。でも外はサクサク。
サラダと混ぜて食べてもよし、パンと一緒に食べてもよし、好きなように食べます。
20060707004118.jpg


チーズだからこってりか、と思ったけど案外さらっと食べられます。

それではまた。

スポンサーサイト
【2006/07/06 18:01】 我が家のレシピ。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<旦那作・残りものでココまでできる! | ホーム | スイスでそうめん。>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://suisse.blog57.fc2.com/tb.php/61-2582e3db
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。